新しいうつ病の種類

女性

体に不調が現れるタイプのうつ病

精神病には様々な種類がありますが、中でもとても身近な病気がうつ病です。些細なことがきっかけで誰でも発症してしまう可能性のある病気で、実際に病気と闘っている人は非常に多いと言われています。うつ病の主な原因は、ストレスです。ストレスの種類は、病気や人間関係によるものなど人によって様々ですが、心を圧迫するほど強いストレスを慢性的に感じ続けると発症する危険性があがります。また、うつ病には、季節型や産後うつなどさらに細分化された種類がありますが、中でも珍しいのが仮面デプレッションと呼ばれる病気です。通常うつ病は、憂鬱な気持ちを慢性的に感じるようになり、気分が落ち込むというのが特徴的な症状です。しかし仮面デプレッションは、うつ病の特徴である精神面での症状が出ず、体にだけ症状が現れる状態のことを指します。具体的には、慢性的な頭痛やだるさ、吐き気、めまいなどを感じるようになり、市販の薬を飲んでも治りません。仮面デプレッションの特徴は、非常に気付きにくいということ。メンタル面に問題がないためただの不調や風邪であると誤解しがちで、病院へ行かない限りなかなか自分で気づくことは出来ません。異変を感じ内科を受診しても、検査で異常が見られず、そこで初めてうつ病ではないかと診断が下されます。しかし、そこでもはっきりとは分からないため、心療内科などの専門医へ行ってしっかり調べてもらう必要があります。うつ病は、早期発見と治療が重要な病気です。対処が早ければ早いほど、完治への期間も短くなるので、すぐに気付くことが出来るかどうかがカギとなります。

仮面デプレッションの治療は通常のうつ病とほぼ同じで、抗うつ剤を服用する投薬治療や、医師とのカウンセリングが中心となります。精神面での症状が見られないため、治療はスムーズに行きやすく、少しずつ不調が回復していきます。それによって相乗効果で気分も良くなり、症状も改善していくことがほとんどです。また、服用する抗うつ剤には様々な種類があるため、医師が一人一人に合ったものを厳選して処方します。自己判断で量を増やしたり変えたりせず、医師の指示に従って決められた量を必ず飲み続けるようにしましょう。継続していくことで、薬の効果が少しずつ現れてきます。また、身近な人が仮面デプレッションではないかと感じたら、すぐに心療内科へ連れて行くようにしましょう。うつ病の治療は、周りの理解やサポートがとても重要だからです。ストレスや悩みを抱えていいそうな場合は、積極的に相談に乗ってあげましょう。うつ病になりやすい人は、悩みを一人でため込んでしまいがちな人です。誰かが話を聞いてくれるというだけでも、その人にとっては大きな救いとなり病気を予防することにもつながるので、心がけておくと良いでしょう。仮面デプレッションの原因は内因性によるものが多く、上記のような特徴以外にも、真面目、完璧主義、規則を重んじる人などがなりやすいと言われています。自分がそのようなタイプに当てはまる人も、日ごろから病気にならないよう予防をしておきましょう。悩みを吐き出せる場所や人を作っておく、自分なりのストレス発散方法を見つけておく、などが有効な方法です。

Copyright© 2019 精神的な悩みの解決方法と基礎知識を頭に入れておく All Rights Reserved.